車の通行するところ・車が通行してはいけないところについて

川}PgžxQ

 

車は、当然のことですが、道路を通ります。一般的な片側1車線の道路では、その左側を通ることができます。但し、中央線が引かれていないような細い道路では、左側に寄って走行します。歩道と車道が区別してあったり、或いは路側帯がある道路を通るところでは、車の通行するところは車道になります。

 

けれども、道路に面したお店や自宅の駐車場等に出入りする場合には、歩道や路側帯を横切らなければ出入りすることができませんから、その場合には横切ることができます。但し、横切る前に必ず一旦停止をしなければなりません。歩行者がいてもいなくても、この一旦停車をすることは義務付けられています。

 
車は、もちろん歩行者用道路を通ってはいけません。しかし、どうしても歩行者用道路を通らなければ自宅の車庫等にたどり着くことができない場合には、特に通ることを認められた車だけは、必要な範囲だけに限って歩行者用道路を通ることができます。この場合には、歩行者に特に注意をして、徐行しなければなりません。

 
地域によっては、路面電車が道路上を走行しているところもありますが、車はその軌道敷内を通ってはいけません。勿論、この規則にも例外はあります。左折や右折、或いはUターンをする際に、どうしても軌道敷内を通らなければできない場合には、軌道敷を横切って通ることができます。また、前方で事故があったりして、危険防止のためにやむを得ない場合や、道路工事などで道路の左側を通ることができなくて、どうしても軌道敷内を通らなければならない時には、通ることが許されています。