車道通行の原則と例外について

自転車などは道路交通法により軽車両に位置付けられていますので、基本的には車道の左端を通行するのが原則です。しかしいくつかのケースに該当する場合は、例外規定として歩道を通行することも認められています。

 
歩道の走行が認められるのは道路標識等により歩道の通行が認められている場合、運転者が13歳未満の児童、70歳以上の高齢者、身体障がい者の場合、そして通行の安全を確保するためにやむを得ず歩道を通行する場合です。
ただしこれらの歩道を通行できるケースでも、軽車両の運転者には守らなければいけないルールが定められています。

 

まず軽車両の通行指定区分の無い歩道では、車道よりを徐行しなければいけません。また歩道は歩行者のためにあるものですので、歩行者の通行が妨げられる可能性のある時は一時停止しなければいけません。なお軽車両用の通行帯が設けられている歩道の場合においても、基本的に徐行することが求められていますが、歩行者がいない状況であれば、安全が確保できる速度での走行が認められています。

 
このように自転車などの軽車両には車道通行の原則が適用されないケースがあります。しかしどのような状況下でも、歩行者などの交通弱者にとっては、自転車などの軽車両は車と同じように凶器となりますので、運転は常に慎重におこなう必要があります。

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:13 PM