一方通行になっている道路について

車を運転する人には、様々な守らなければならないルールがあり、守らなければ、歩行者はもちろんのこと、運転者本人も重大な事故につながります。そんな中で、今回は車の左側通行の原則と例外について説明します。車は一般的に道路の中央から左側を走らなければなりません。中央線がある道路では中央線の左側を通行します。例外として、次の場合に車は道路の右側にはみ出して走行する事ができます。1に一方通行になっている道路、2に左側の部分が車の通行するのに十分な広さがない場合、3に道路工事のために左側の部分が通行するのに十分な広さがない場合、4に左側の部分が6メートル未満の見通しの良い道路で他の車を追い越そうとする場合、5に勾配の急な道路の曲がり角付近で右側通行の標識がある場合、6に車両通行帯のない道路の場合です。1の道路では、ルールを守らない運転者が良く見受けられます。1の道路を逆走する事は、れっきとした道路交通法違反で犯罪です。急いでいた場合や標識を見忘れたなど場合など理由は様々ですが、1の道路を逆走する事によって色々な弊害が起こります。対抗車と立ち往生して動けなくなったり、対抗車は車が来るとは思っていない場合がある為、重大な事故につながります。交通ルールは相手側と自分側の双方が安全安心で走行できるように守りましょう?

Filed under: 未分類 — road 3:15 PM