軽車両は路側帯を通行できる

路側帯とは歩道が設けられていない道路において、実線で区切るなどの道路標示をもちいることによって設けられた歩行者用の通路です。この路側帯は3種類に分類されており、場合によっては自転車などの軽車両も通行することが可能になります。

 
自転車などが通行できるかどうかは、道路の左側に引かれている白線の種類で判断することができます。実線のみが引かれている場合は自転車などが通行でき、車についても実線の内側を通行することはできませんが、駐停車することは可能です。また実線の内側にさらに点線が引かれているところもありますが、このような場所は自転車などの通行はできますが、車が白線の内側、つまり道路の一番端に駐停車することはできません。

 

したがってこの場合は白線の外側、車道に沿って車を駐停車させなければいけません。さらに白線の実線が2本並んで引かれている場合は歩行者専用のスペースとなります。したがってこの内側は自転車なども通行することはできません。当然ながら車についてもこの内側に駐停車することは禁止されています。

 
一般的に自転車などは道路を自由に走行できるイメージがありますが、場所によっては利用が禁止されていることもありますので、道路標示などに注意して走行することが大切です。

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:14 PM