勾配の急な道路の曲がり角付近で「右側通行」の標示があるときについて

自動車やオートバイなどの乗り物は、日本国内では道路の左側を走行しなければならないのが原則ですが、時と場合によっては、中央線よりも右側を通行しても良い場合もあります。その一つが、勾配の急な道路の曲がり角付近で、右側通行の標示があるときです。この標示がある場合には、道路の中央線よりも右側を通行しても良いことになっています。主には坂道を下る側の車線に設定されていて、上る側の車線には設定されていません。また、一般的には左カーブの曲がり角に設定されています。

 
その理由は、急な坂道でスピードが付きすぎていると、急な曲がり角を曲がることができないために、中央線よりも右側にはみ出しても良いと言うことになっているのです。勿論、対向車があると正面衝突してしまいますから、前方によく注意して、はみ出す量は極力少なくしなければなりません。また、右側にはみ出さなくても安全にその曲がり角を曲がれるのならば、無理にはみ出して走行する必要もありません。但し、この標示があるところは山道であることが多く、左カーブの左車線を走行することは、見通しが悪くなっている場合が多いので、十分に注意して走行する必要があります。
なお、現在では自動車の性能も良くなってきており、急な坂道でもブレーキが十分に効くことから、この標示はほとんど見られなくなってきています。

 

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:17 PM