道路工事のため左側部分だけでは通行するのに十分な幅がないとき

日本の道路は原則として左側通行であり、追い越しの際に車線変更が出来る区間もあります。それ以外の場合はみだりに進路変更はしてはならず、基本的には左側車線を走行することになっています。では道路工事によって左側車線の通行に十分な幅がないときはどうすると良いでしょうか。

 
工事の状況によっては、誘導員がいて反対車線へのはみ出し走行によりお互いの車線の車の走行をスムーズに行っている場合があります。その際はすみやかに誘導員の指示に従って走行します。また仮設の信号機が設けられている場合があり、信号が赤の場合は当然、その場に設けられている停止線の前で停車をします。その間に反対車線から車が走行してきます。信号が青になれば逆に反対車線の車は停車して、こちら側の車は反対車線に出て走行が可能になります。

 
工事区間にこのような案内や信号などがない場合は、運転者の判断で反対車線にはみ出て走行を行います。何もない工事区間というのは区間自体さほど長くないか見通しは悪くない状況でもあります。反対車線側から車が来ていないことを十分確認を行った上で反対車線に出て走行します。この区間の走行は早く走り抜けたいがためにスピードを上げがちですが、反対車線から車が来る場合のことも考えてしっかり徐行して通行するのが良いでしょう。

 

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:16 PM