見通しのよい道路で他の車を追い越そうとするとき

自動車に乗っていて、他の自動車を追い越す場合には、基本的には右側に進路変更をして、追い越す自動車の右側を走ってお追い越さなければなりません。そして、追い越しをする場合には、見通しが良いことが前提条件です。反対車線に対向車が来ているかどうかわからない状態で前の自動車を追い越そうとするのは大変危険な行為ですのでやめておきましょう。

 
道路左側の部分の幅が6m以上ある場合、前方の自動車を追い越そうとする際には、必ず道路の左側部分だけで行わなければなりません。つまり、道路の右側の部分にはみ出てはならないのです。このような道路には、中央線として白の実線が引かれているのが一般的です。

 
道路の左側が幅6メートル未満の場合、道路の右側部分にはみ出して追い越すことも良いことになっています。この場合には、道路の中央線として破線の白線が引かれています。同じ道路幅でも、中央線が黄色の実線の場合には、右側にはみ出して追い越すことは禁止されていますので、実質的な追い越し禁止です。

 
なお、前方を走っている自動車を追い越すことは、車線を変更したり、道路の右側部分にはみ出したり、或いは同じ左側部分だけで追い越す必要が出てきますので、多少ともリスクのある行為です。従って、前方だけではなく、後方の状況なども考慮し、また、先の方で信号が赤になっていないかとか、横断歩道を人が渡っていないかなどにも注意して、法定速度や制限速度を守ったうえで行う必要があります。

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:16 PM