車は車道を通行しなければならない

当たり前のことですが、車、即ち自動車やオートバイと言った乗り物は、道路を通行する際には車道の左側を通行しなければなりません。また、道路でも歩道が別に設けられているところならば、当然そこに入って走行してはなりませんが、道路脇の駐車場、お店や自宅の敷地内に出入りするときには、横切っても良いことになっています。但し、横切る際には歩行者がいてもいなくても一旦停止し、安全を確認してから横切るようにしなければならないと決められています。また、車道と歩行者専用道路との間が、ガードレールなどで区切られている場合、自宅の敷地に入るのにどうしても歩行者専用道路を通らなければならない場合には、十分に徐行して通行しても良いことになっています。

 
細い道路などでは、歩行者専用道路がなくて、路側帯を示す線だけが描かれている場合もあります。このようなときには、車はその線からはみ出さないようにして、道路の左側を通行しなければなりません。但し、歩行者や自転車などがいなくて、前方から来た他の車と離合する場合には、安全に離合できるように路側帯まで入っても良いことになっています。
なお、道路と言うのは、一般の者が自由に通れる場所のことを言いますから、公道だけではなく私道であっても、このような規則は適用されます。

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — road 3:14 PM